FC2ブログ

らくがきちょう

不定期に絵を載せていきます。雑談だけの記事も時々…。

メイキング の記事一覧

絵を描く時の流れ

2014.03.19 (Wed)
以前、リンクを繋いでいる煌夜さん
厚塗りができなくて悩んでいます、というコメントを頂きました。
なので今回は私が厚塗りをどうやって塗っているかを動画でちょこっと撮ってきましたので、ついでに他の塗り方もしてみました。動画があるのは厚塗りのみです。
メイキングとはちょっと違いますが、カテゴリ分けは一応メイキングにします。
それでも見てやるよ、という方はお付き合いくださいませ('ω'*)

普段、私が絵を描く時に使っているソフトは
「Photoshop CS6」か「Illustrator CS6」が主です。
線画だけはフリーソフトの「ファイヤーアルパカ」を使ったりもしますが、今回は使用しておりません。
ちなみに前回のメイキングもどきではファイヤーアルパカを使用しました。

だいたいの流れはこんな感じです。6のイラレ以外は全部Photoshopを使っています。
419
ラフ〜ベタ塗りまでは説明を省きます。というか説明力がありません…。

1ラフ
420

2主線
421

3ベタ塗り
422

4アニメ塗り
424
グラデーションを少しかけて影を不透明度100%でパキッと描くとアニメ塗りっぽくなるような気がします。
動画を撮ろうと思ったのがこれの後だったので動画は撮ってません…。

5厚塗り
423
不透明度を30%〜60%にしてちまちま描いていくと厚塗りになります、たぶん。
塗り全部の行程を動画にすると長くなるので髪の塗りだけ動画を撮りました。
それでも長いと感じたので6倍速にしています。
今回、動画を撮るのも、YouTubeにアップロードするのも初めてなのでどんな感じになってるかドキドキしてます(;・∀・)

(すみません補足です。
「厚塗り」というのは主に主線がないやつを厚塗りというそうです、たぶん。
私は主線を描いても描かなくてもひとまとめして厚塗りと分類しています。
しかも今回の動画は主線がもともと描いてあるので、厚塗り風という曖昧なものになると思います。
動画が期待にそぐわない内容かもしれませんが心の広くして見てくれると幸いです。
2014.04.11)


(音楽が流れますので音量にご注意して下さい。読み込みが遅いので暇な時にでも見て下さいませ。)

6イラレ絵425

これも動画を少し撮っていたのですが、今回厚塗りの方の編集に時間がかかってしまい
動画にするのを保留にしました…。気が向いたらひょこっと載せるかもです。


あれ、説明が何もかもが中途半端ですね…すみません(;つД`)
でも動画が撮れるようになったので、これからは色々出来そうですね!
コメントをくれた煌夜さん、ありがとうございました!
スポンサーサイト

メイキング

2013.08.19 (Mon)
今日はメイキング的なものをやってみたいと思います。
練習がてらね。全体の流れだけざっくり。
先週描いてたポスターで説明していきます。
分かりにくいですがそれでも良いという方はお付き合いくださいませ。

1ラフ
m-1
(ラフ:Photoshop)

まずはラフから。アナログで描いたりデジタルで描いたりその時によって違います。
今回はラフの時点から完成まで全部デジタルで進めていきます。
最初は二人とも女子の予定でした。

2線画
m-2
(線画:ファイアアルパカ)

ラフが完成したらファイアアルパカに移り主線を描き始めます。
Photoshopのまま主線を描いても良いのですが、ファイアアルパカだと線がなめらかで描きやすいです。フォルダ分けは出来ませんが…。
この時点で母から男の子を入れてくれと言われたので変更。

!ここで注意!
保存する時に保存フォーマットがPhotoshopになってること必ず確認します。
私はいつもここでjpgで保存してしまい大変なことになります(´・ω・`;)

3塗り分け
m-3
(塗り分け:Photoshop)

主線が描き終わったら、またPhotoshopに戻ってレイヤーごとに塗り分けを行います。
基本私は自動選択→バケツ塗りが基本です。
バケツ塗りの難点は塗り残しが出るところですよね…。
そこで!一番下にベースレイヤーを作りそこで人物全体に暗い色を起きます。
何言ってか分からねぇって感じですよね。私もよく分かんないです。
↓説明するとこんな感じ。読みづらくてスミマセン;;

m-4
「自動選択ツール」を選び人物以外の空白部分を全部選択する。
(+Shiftキーで複数選択ができます)
m-5
「選択範囲を反転」を選びます。そうすると文字通り選択範囲が反転し、今選択されているところが人物になりました。
m-6
その後、「塗りつぶしツール」を選び選択範囲をドバーと塗って下さい。

↓そうすると塗り残しが目立たなくなります。時間短縮で便利。
m-7

4描き込み
m-8
(描き込み:Photoshop)

さて、いよいよ塗り足していきます。
ここからはもうコツなんてもんはありません。
透明ピクセルをロックしてある事を確認して
ブラシツール 不透明度70%以下でガツガツ塗っていくだけです。
スポイトで塗っては馴染ませの繰り返しです。

5効果
m-9
(効果:Photoshop)

色々すっ飛ばしましたが、塗り終わったらオーバーレイなどで加工して完成です!
背景は毎度の事ながら適当です(;´艸`)
文字は今回省略します。

完成!
218


ここまでグダグダと失礼しました。こんな感じで良いのかしら?と不安ですが
分かりにくい、もっと詳しくという方はコメントくださると嬉しいです。
読んで下さった方々ありがとうございました!(´▽`*)
 | HOME |